• 発毛剤として唯一認可されているリアップX5
  • AGAパターン
  • でも心配なのは
  • 副作用

プロペシアとリアップ、効果の違いは何だろう?

プロペシアとリアップはどちらも男性型脱毛症AGAの治療薬として、厚生労働省から認可販売されている医薬品です。

 

リアップは一般用医薬品として大正製薬から市販される日本で唯一発毛する薬として認められている塗り薬。

 

一方のプロペシアは医師の処方箋がないと手に入らない飲み薬で、病院に行って医師の診察を受け処方箋をもらい薬局で購入する薬です。

 

 

男性型脱毛症AGAの原因

男性型脱毛症AGAの原因はDHTと呼ばれる男性ホルモン。

 

このDHTは、毛乳頭の中に存在する5α還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結びつくことで生成されます。

 

このDHTが生成されると次に毛母に行き、毛根部分で髪の成長因子を阻害します。

 

これにより毛髪が十分に育成できずに抜け落ちるようになります。

 

 

プロペシアはどんな働き?

プロペシアの成分であるフィナステリドは5α還元酵素を阻害する働きがあり、テストステロンとの結びつきを抑制することでDHTの生成を抑えます

 

つまりプロペシアにDHTを原因とする抜け毛の進行を抑制する効果があり、毛髪が抜ける症状をよくしてくれます。

 

 

リアップはどんな働き?

リアップはミノキシジルと呼ばれる成分によって発毛を促す効果があり、頭皮に1日2回の塗布で髪の毛が徐々に生えてくるというものです。

 

ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発された経緯がありますが、使用すると毛が濃くなるという副作用から転用され、発毛に有効的であると認められた成分です。

 

細かい作用は不明ですが、

 

ミノキシジルは血管を拡張する作用から頭皮の血流を良くし、毛穴に栄養を送ることで毛母を活性化させると言われています

 

活性化された毛母は発毛作用を呼び起こし、これまで生えてこなかった部分でも髪の毛が生えてくるようになるというものです。

 

ミノキシジルを使用した過去の臨床試験でも、多くの男性が抜け毛に有効的であると認めています。

 

ミノキシジルを飲み薬として使用すると様々な副作用があらわれますが、塗り薬として頭皮に塗るだけであれば、全身に作用することなく局部のみに効果を発揮するため、比較的安全に使用することが可能です。

 

プロペシアはAGA症状の進行を抑制し、リアップX5プラスは血流増加で発毛を促す

 

という全く違う部分で作用を示すことから、個別に使用せず併用して使うことで、AGAにより高い効果が期待できるようになっています。

 

これが男性型脱毛症AGAで医師の診察を受けると、プロペシアとミノキシジルの両方が処方される理由。

 

ですがあくまで医師の診察が絶対必要なほど、副作用の心配もまたあるということなのです。

 

 

>リアップX5の副作用を調べてみた!知らないとヤバい事まとめ